長期の安定投資を目指す投資信託

sdfsdf98iss 比較的利回りの良い投資先として24OPTION | 24オプション.biz 口座開設以上に有効とされている投資信託があります。利回りが良い割にリスクを分散できるため、安定した投資先として購入する方が増えています。手数料収入が大きな経営の柱になりつつある金融機関でも、預金者に対して積極的な投資信託購入を勧めています。

ただ、現在の日本で購入されている投資信託は、海外の人々が購入している銘柄とくらべて偏りが目立ちます。紹介されるのは短期のものや、毎月分配型のもの、特定の地域や対象に絞って投資をするものが多いです。金融機関も売買が増えると手数料収入が増えるので、いまはこの地域、次のこの地域と流行りの投資信託に次々と乗り換えさせていく勧誘の仕方をしています。その結果、日本で購入されている投資信託の内訳はリスクヘッジが十分でなかったり、短期のものが中心になってしまっています。

これに対して海外では、投資信託は長期にわたって保有し、じっくりと利益を積み上げていくタイプの投資だと考えられています。投資信託の人気ランキングなどを見ても、日本では銘柄が次々と入れ替わることが多いのですが、海外では同じ銘柄が数十年にわたってランキング上位を占めています。海外では実績と信頼のある銘柄に、長期間投資するというのが投資信託の利用法なのです。

短期的に勢いのある地域、産業に集中して投資信託を買い換えていくというのも決して悪い方法ではありません。うまく当たれば大きなリターンがあります。しかし、世界的な景気後退の局面に出くわしたとき、偏った内容の投資信託では、なかなか値を戻してくれないという可能性があります。

経済不振からの復帰には地域差があり、遅い地域もあれば早い地域もあります。分散投資が行われた投資信託ならば世界経済の復調と同時に値を戻しますが、なかなか復調できない地域のみに投資してしまった場合、何年間も塩漬けにせざるを得ないというリスクがあるのです。

現在の日本で紹介されている投資信託を選ぶなら、その内容を精査して、いくつかの投資信託を自分で組み合わせリスクヘッジを行う必要があるでしょう。ただし、これでは個別株を扱っているのとたいして変わらないという見方もできます。

投資信託の売買にはそれなりの手数料もかかりますから、複数の投資信託を自分で選ぶならば、思い切って個別株で独自のポートフォリオを組んでしまうというのもひとつの方法ではあります。