FXでの様々な利益の出し方

 FXとは、世界中の国や地域から発行される通貨を、2種類一組の通貨ペアという銘柄にし、これを相互に売買していきながら、その為替差損益を求めていく投資取引になります。

このFXでの取引きの強みの一つに、様々な通貨の取引きが行えるという事が挙げられるでしょう。
日本でFX取引を行う場合には、多くは日本の円と、アメリカの米ドルやユーロ圏のユーロなどの様々な外貨との組み合わせでの取引きを行う事と思いますが、もちろん、外貨同士の取引きも可能であり、いろいろな国が選べるために、経済状況の良い国の通貨を取引きすればそれだけ有利にFX取引を進めることができます。

また、このような様々な通貨が取り扱えるという特性上、FX取引では、通貨を買って始める取引きと、通貨を売って始める取引きの二つの取引方法で利益を出すことができます。
これを利用することにより、為替相場のレート変動が上昇していく際にも利益を求めることができ、また、レートが下降していく際にも利益を出すことができるのです。

例えば、日本の円とアメリカの米ドルでの取引きを考えてみましょう。
ここに1ドル100円という為替相場があり、この場合でよく考えられるのは、「買い注文から始める取引き」になり、「通貨を安く買って高く売る」という方法になります。
100万円を投資し、このドルを1万ドル分買って保持したとしましょう。
為替相場が1ドル110円と上昇方向に転じれば、保持した1万ドルの価値は110万円になるために、これを売れば110万円が手に入り、差し引きで10万円の利益になります。
しかし、この相場が1ドル90円の下降方向に転じれば、1万ドルの価値は90万円になってしまうために、差し引きで10万円の損失になります。

これが、「買い注文から始める取引き」になり、為替相場が上昇方向であれば利益が出て、下降方向で損失が出ます。

では「売り注文から始める取引き」の場合はどうなるでしょうか。
同じ1ドル100円の相場での取引きを考えましょう。まず、FXの取引業者から、取引きを行うために預けている証拠金を担保にし、1万ドルを借り受けておきます。
この1万ドルを使って売り注文を行い100万円を保持しておきます。
為替レートが下降方向に変動するのを待ち、1ドル90円になったところで、この100万円から90万円を使って1万ドルを買い戻し、この1万ドルをFX取引業者に返金すれば、差し引きで10万円が手元に残り、これが利益になります。
また、為替レートが上昇方向に変動し1ドル110円になった場合には、1万ドルを買い戻すには110万円がかかるために、1万ドルを買い戻してFX取引業者に返却すると、差し引きで10万円の損失になるのです。

このように、FX取引では、為替レートが上昇方向に変動しても、下降方向に変動しても、どちらでも取引を行うことができるために、常に利益を出し続けることも可能なのです。

また、これ以外の利益の出し方以外にも、FXでは通貨の金利差である「スワップポイント」を利用した利益の上げ方があります。

このスワップポイントは、金利の低い通貨を利用して、金利の高い通貨を買って保持することにより利益として受け取ることができます。
しかし、これを逆にしてしまい、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買って保持した場合には、スワップポイントをコストとして支払わなくてはいけないので注意が必要になります。

スワップポイントは、通貨を保持し続ける限り日ごとに集計されていき、保持した通貨を決裁した際に清算されて利益になります。
ですので、スワップポイントでの取引を行う場合には、月単位や年単位といった長い時間の間、ずっと一回の注文を維持し続けることになりますので、その間の為替レートの大幅な変更や、通貨の金利の変更などには常に気を配っておくことをお勧めします。

検索: 【HIGHLOW.US】