投資のギャンブル性と世界経済分散投資の安全性

sdfisdkfsss 投資もギャンブルも同じ類ではないのか?と疑問に思っている方は少なくないと思います。確かにギャンブルのような投資スタイルもあるといえばあります。

その一例がFXデイトレードでしょうか。バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記をよく見るとFXの通貨に関して、為替レートの予測が難しいような場合にレバレッジを利用して何倍にもして投資を行うスタイルは、やはりギャンブルの要素を持っていないとは言い切れません。

しかし、投資は投資商品の種類によって多様なスタイルと性質を持っています。先に例を挙げたFXデイトレードと、分散投資を行うファンドでは全く異なる性質を持っており、投資スタイルも180度違うと考えてよいでしょう。投資信託と呼ばれる投資商品では、世界経済に分散投資を行います。

「グローバルバランス型」のファンドを利用し、資産を運用するスタイルの投資ですから、ギャンブル的な要素は見られません。ファンドに投資を行う=銀行に預金する+利回りが良いというイメージの方が近いでしょう。

通常の普通預金よりも350倍ほど利回りが高いとされているファンド、長期的な投資スタイルとなるため、利益を出せないこともありますがその分リスクも低めです。一口に投資と言っても、投資スタイルを把握し、商品の選択をしっかり行う事でリスクコントロールが可能なのです。

グローバルバランス型ファンド、リスクが少ないのはなぜか

グローバルバランス型ファンドが投資の上でリスクが極めて少なく、安全な金融商品と言われている理由は何でしょうか。この金融商品に投資をすることは、世界全体の経済を軸に、様々なファンドに投資を行う=分散投資するということを意味します。世界経済全体を軸にすることは、世界の経済がトータル的に成長すれば衰退することはないと考えられます。

現在日本の経済は低迷していますが、逆に世界に目を向けてみるとどうでしょう。中国は急激に経済成長し続けていますし、インドやベトナム、ブラジルや南アフリカといった新興国と呼ばれる国々の経済はめざましい発展を遂げています。

グローバルバランス型ファンドに投資する=世界各国の資産に対して、分散投資を行うということは、先進国の経済成長が止まってしまっていても、その他では経済成長中の国はいくらでもあるわけであり、投資する価値は高くリスクは少ないという結論に達します。やがて例に挙げた新興国の経済成長も低迷する時期が来るかもしれません。

しかしその時にはまた新たな経済成長の過程を歩む新興国が台頭してくるのです。先進国が不景気でも、必ず好景気の国はあるように、世界に分散投資をするという利点はここにあります。投資の経験が浅い方でも、知識を積んだ方でもグローバルバランス型ファンドはお勧めできる投資の一つです。